地域の出来事

2021.01.17

どんど焼き

「緊急事態宣言が出されたなかで、どのようにすればどんど焼きが開催できるか」地域の皆さんと色々お話をし、三密を避け、マスクを着用するなど十分な対策を立てて行うことにしました。

素晴らしいお天気に恵まれ晴れ渡った空の下、恒例の年頭行事である「どんど焼き」が北公園で開催されました。今年は緊急事態を考慮して行事を簡素に行うこととし、役員挨拶・来賓の皆さんの紹介などを省略し、薪山への点火でスタートすることにしました。セブンシスターの皆さんの太鼓の音とともに、子供会から選ばれた10名の年男・年女の子どもたちが前日に準備された薪山に点火し、穏やかに澄み渡る冬空に白い煙とともに真っ赤な炎が立ち上がると、どっと沸きあがった歓声がコロナウイルスを圧倒するように場内を覆い尽くしました。

今年は例年のような甘酒・とん汁のサービス、かまどでのお団子焼きは行われませんでしたが、薪山の火が消えるまで会場を立ち去らずとどまる人々が多く、「どんど焼きをやって良かった!」との気持ちが、集まった皆さんの心に強く残ったと感じられました。

戻る

ページの先頭へ